中高年の転職サイト活用サポート

*

中高年の転職希望者と面接のマナー

   

身だしなみと服装には最後まで気を抜かないでチェックが必要

 必ずしも黒のスーツでなくても良い場合もありますし、最近では“面接はビジネスカジュアルで来てください”という注意書きがある会社もあります。しかしスーツ姿のほうが無難でしょう。

 ヘアスタイルなどは仕事にふさわしいものであるかどうか?!チェックします。男性は髭の剃り残し後が首に残っていると仕事もルーズであるという印象を与えますので気をつけましょう。

携帯の電源は切っておきましょう

 会社の建物が見える位置に来たら携帯の電源は切るようにします。「マナーモードでもいいだろう・・・」という気のゆるみが面接中に鳴り出してマイナス評価につながることもあります。

 面接の前に控室で待つ場合がありますが、スマホを読んだり、メールを送受信したり、他の待っている人たちとおしゃべりするのは不可です。

前職の会社批判や上司の悪口は絶対不可!

 面接中に“前職を辞めた理由”を聞かれるかもしれませんが、会社批判や嫌いだった上司の悪口などは絶対に口にしないほうがよいです。

 転職を希望したのはあくまで自分のキャリアを発展させるため・・・という前向きな理由を回答しましょう。

【関連記事】
中高年の転職希望者が面接でよく聞かれることって?
中高年の転職希望者に求めれる面接対策って?!

 - 面接マナー

  関連記事

中高年の転職希望者が面接でよく聞かれることって?

なぜこの会社を志望したのですか?  応募先企業に対する志望動機ですが、この質問に …

中高年の転職希望者に求めれる面接対策って?!

“競合他社ではなく御社に入りたい理由”を見つけよう!  面接対策とは企業研究が命 …