中高年の転職サイト活用サポート

*

仕事を離れて転職活動するよりも、仕事をしながら転職活動をする方が安心・安全

      2015/12/15

自分の年齢を見つめれば出てくる答え

 こう言っては失礼かもしれませんが、あくまでも仕事をする人として見た時に、あなたは決して若いとは言えないでしょう。そのあまり若くない人が転職をするというだけでも大冒険のはず。しかもそれを職を離れてから活動を本格化するとなれば、漫画や映画ほど有り得ない大アドベンチャー・ストーリーになるのではないでしょうか。

 中高年の転職を否定するわけではありません。職を変えるのはとても良いことだと思うのですが、退職をしてから転職活動をすることに問題が出てくるのです。中高年を積極的に雇う企業は少数ですし、あなたよりも少しでも年齢が若い、もしくは少しでも能力の高い人が同時に応募すれば、あなたは転職できないでしょう。

 自分の年齢を見つめ直してみてください。そうすれば、退職後の転職活動にほとんど光が見えないことに気が付くと思います。

本当に転職してしまってもいいんですか?

 転職活動はしても、実際には転職しないという決断を下す人もかなりの数います。特に中高年には多いようです。その理由としては、活動してみたものの良い会社が見つからなかったり、応募はしたけど採用されなかったり、内定は貰ったけど今働いている会社と比べたら転職する意味が見出せなかったり、定年退職までもう少しということもあって新しい環境に飛び込むことにためらってしまったり、などがよく言われています。

 あなたもどれかに当てはまる可能性があるのではないでしょうか。しかし、今の会社を辞めてしまったら最後、もう戻れません。転職を成功させなければ仕事はできませんし、転職が成功しなかったらアルバイトなどで食い繋がなければならなくなります。

 あなたにとってそれは本当に選ぶべき道となるのでしょうか。中高年の人があらゆる可能性を考えた時、在職中の転職を選択することが最もリスクが少なく、それを選ばなければならないことは明白なのです。

【関連記事】
中高年の転職希望者と目指すキャリアゴールとは?!
中高年の転職希望者と転職市場価値とは
中高年の転職希望者と転職活動に必要な期間って?

 - 退職・入社準備

  関連記事

中高年の転職希望者と円満退職

なぜ円満退職をする必要があるのか?!  狭い業界ですから上司や会社側とトラブルを …

会社から引き止めにあった時の対処法

 長い苦しい転職活動が成功して、転職先が決まり、退職の意向を直属の上司に伝えたら …

中高年の転職希望者と退社手続きのポイント

「引き継ぎ作業」も最後まで責任を持って完了させましょう!  後任がすぐに決まるか …

中高年の転職希望者に必要な入社手続きとは?!

内定通知が来たら・・・  内定通知がきたら、最終の面接の段階で給与額など具体的な …