中高年の転職サイト活用サポート

*

会社から引き止めにあった時の対処法

   

 長い苦しい転職活動が成功して、転職先が決まり、退職の意向を直属の上司に伝えたら、思わぬ強い引き止めを受けて、正直心が動揺している…という中高年の転職希望者は少なくありません。

 “そんなに必死で引き止めてくれるのなら、どうしてもっと自分を大事にしてくれなかったんだ?”と言いたくもなりますが、転職先が決まっている以上は優柔不断な態度をとることで、転職先にも今の会社にも迷惑をかけることになりかねません。“なぜ自分は転職を決意したのか?自分のキャリアゴールはどうあるべきか?”を考えてみましょう。

「辞めたい」と意思表示すれば二週間後は辞められる

 あなたが会社に「辞めます」と意志表示をすればその2週間後には辞めることは自由にできます。法律的にそう決まっているからで、会社がその辞める日を変更することはできないのです。

 しかし会社にしてみれば場合によっては寝耳に水のような話で、あなたに急に会社を辞められても、後任がすぐに見つかるとは限らないので、あの手この手で辞めさせまいとするかもしれません。しかしここで心が動揺してはいけません。失礼のない程度で断固とした物言いを徹底するべきでしょう。

退職理由について

 「いったい今の会社のどこが不満なんだ?」と聞きだして懐柔しようとする上司もいいますが、会社を離れる理由はあくまで「やりたいことができる会社に移動するため」といった前向きな理由にしておくほうがよいでしょう。

 退職理由については本音を語らないことが円満退職のポイントです。せっぱつまった会社はあなたから不満点を聞き出して、改善してしまうかもしれませんし、そうなるとあなたはまた心が動揺することになってしまいます。

【関連記事】
中高年の転職希望者と円満退職
中高年の転職希望者と退社手続きのポイント
中高年の転職希望者に必要な入社手続きとは?!

 - 退職・入社準備

  関連記事

中高年の転職希望者に必要な入社手続きとは?!

内定通知が来たら・・・  内定通知がきたら、最終の面接の段階で給与額など具体的な …

中高年の転職希望者と円満退職

なぜ円満退職をする必要があるのか?!  狭い業界ですから上司や会社側とトラブルを …

中高年の転職希望者と退社手続きのポイント

「引き継ぎ作業」も最後まで責任を持って完了させましょう!  後任がすぐに決まるか …

仕事を離れて転職活動するよりも、仕事をしながら転職活動をする方が安心・安全

自分の年齢を見つめれば出てくる答え  こう言っては失礼かもしれませんが、あくまで …